驚異のISO12800

1DMk IVの連射とISO12800を使用してコンポジット法によるノイズ除去を試みてみました。
レンズはEF24-105/4.0L IS 開放で手持ち、約2秒間の連射で18枚撮影して、少しぶれていたもの2枚を削除して16枚をコンポジット合成しました。使用したのはRAWデータからノイズリダクションオフでDPPで現像したデータです。対象は蛍光灯下の雛人形で、ISO100で1/2秒が適正露出、さすがにてぶれ写真しか撮ることができませんでした。この状況でISO12800では1/320で切ることができます。
結果は驚異的なもの、ISO200や400 おそらくISO100 でも比較対象になるくらい滑らかな画像が生成されてきて、多少は予想はしていたものの想像以上のできにびっくりです。これから手持ち写真の新しい可能性が広がりそうです。

PS. 書き忘れましたが使用したソフトは「PhotoAcute]というもの。自動処理で出力された結果です。

仕上がりの全体像は、こんな感じ、
e0107605_2394188.jpg


中央を960X960でカットしたもの
まずはワンショットで
e0107605_23104837.jpg


次に16枚コンポジットしたもの
e0107605_23112657.jpg


ISO12800 の写真とは信じられない感じです!

追加:ISO200でワンショットはこんな感じです。(カメラ出力のまま)
e0107605_13483877.jpg


オリジナルデータもアップしておきます。
ワンショット(約8.5Mbyte)
16枚コンポジット(5.5Mbyte)
[PR]
by pec-ts | 2010-02-12 23:15 | Comments(7)
Commented at 2010-02-12 23:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by snatchshot at 2010-02-13 22:36
PhotoAcute・・・・・トライアル版ダウンロードしてみます!
Commented by pec-ts at 2010-02-14 14:10
じつはまだ1DMkIVには対応していないのですが、対応すると収差補正なども可能になるのかなと思います。

厳しい条件で撮りたいときに役立つと思います。
Commented by magnon at 2010-02-16 13:24 x
予想以上に仕上がるものですね。

通常の撮影でも、ISO400~800位で4枚撮影してコンポジットとかでもノイズリダクションONより結果は良いのでしょうかね。5D2で16枚はきつくても、4枚ならいけるかなあと。
Commented by pec-ts at 2010-02-16 22:26
magnonさん、こんばんは、
いろいろ試してみないとわかりませんが、これまで400から800というのはちょっと中途半端でそれくらいならちゃんと三脚にセットして撮らないとという感じでした。
ただPhotoAcuteというソフト、通常の撮影でも複数枚の合成でスーパーレゾリューションというモードで高解像度化ができるとうたってますね。
Commented by janus at 2010-02-23 17:28 x
はじめまして
よろしくお願いします

星雲の撮影でお世話になっていたコンポジット処理が通常の高感度撮影時に利用できるなんて驚きです
自分も手持ちの5D2で16枚をコンポジットしてみましたが確かに綺麗になり、感動しています

PhotoAcuteを使えばもっと綺麗になるのかもしれませんね
自分はPhotoshopで加算平均して処理しました
Commented by pec-ts at 2010-02-23 22:16
janusさん、よろしくお願いいたします。

これまで3200くらいが限界かなと感じていたのでちょっと中途半端でこの手法、あまり考えてませんでした。また、いろいろ試した成果、ご紹介ください。また、じっくりblogなど拝見させていただきます。


<< EOS-1D Mark IV ... 1.6 秒の世界 >>