新製品ニュース PENTAX 645D と KIRK Enterprises

PENTAX 645Dが発表されましたね!現状では購入する気はさらさらありませんが、このクラスのカメラが普及して、以前の中判カメラのようなポジションを築いてくれるといいですね。センサースペックで見るとEOS 1DMk3 に TS-Eレンズをつけて左右+-12mmシフトしてスティッチすると36×48mm、5616×7488 画素(約4200万画素)のようにほぼ同等になります。比較画像見てみたいものです。

もうひとつ気になったニュース、RRSと同じようにアルカスイス互換のL-プレートなどのクイックシューを発売している 米国のKIRK Enterprisesの製品を楽天のスタジオJinが輸入代理店として取り扱いを始めましたね。まあ、高いことは高いですがこれまで外国から購入ということに抵抗があった人も購入することができて、アルカスイス互換のアダプターが普及するといいなと思います。

写真は関係ありませんが、先週末ちょっと名古屋港水族館に行ってきました。ぼちぼちとアップしていきたいと思います。

e0107605_23315585.jpg

[PR]
by pec-ts | 2010-03-10 23:32 | Comments(3)
Commented by にのみや@QTVR Diary at 2010-03-11 00:01 x
今朝のPENTAX645Dのニュースには驚きましたが、
KirkのLブラケットが国内で買える方が、もっと驚きました!
そっちをニュースに載せようかな?(苦笑
Commented by センベイ at 2010-03-11 00:17 x
PENTAX67Dが出たらキヤノンのカメラとレンズ売り払って買い換えるんですが(^^; 67の35,45,55mmのレンズ持ってるので。

でもフィルム時代のレンズでは解像度不足かな?
Commented by pec-ts at 2010-03-11 21:54
>にのみやさん、
KirkはRRSに比べるとパノラマ関係が弱いですが時々欲しいなと思うパーツがあるのでうれしいですね!最近円高で以前買ったパーツが実質値下げで悔しい思いをしています。こういう時に限って欲しいものがない。(笑)

>センベイさん
67、いいですね!あのサイズのセンサーでパノラマが撮れたらと夢が広がります。今度センターに入った電子顕微鏡のCCDプレートは数千万円だそうです。
中判デジタルのレンズ設計というのはこれからの課題ですね。上にも書きましたがCANONのTS-Eレンズのイメージサークルが645DにぴったりですがPENTAXはどのようなレンズをそろえてくるのか楽しみです。


<< イルカ君のお出迎え なばなの里 ウィンターイルミネ... >>