タグ:あおりレンズ ( 14 ) タグの人気記事

3軸水準器

通常パノラマ撮影するときは、じつはあまり水平垂直は考えず撮るのですが、最近24mmあおりレンズでティルト、シフト撮影するようになって必要性を実感しました。
UNのプリズムタイプの2軸と1軸タイプを接着して3軸水準器にしてみました。プリズムタイプのためファインダー側からいつも水平を確認できて便利です。
e0107605_20305818.jpg

e0107605_20312898.jpg

[PR]
by pec-ts | 2010-02-07 20:31 | Comments(0)

ティルトで新宿

京王プラザからTS-E24L IIで、
e0107605_2113758.jpg
e0107605_21132270.jpg
e0107605_21133522.jpg
e0107605_2113453.jpg

[PR]
by pec-ts | 2009-11-14 21:14 | Comments(0)

金華山から岐阜市夕景

金華山パノラマ展望台から岐阜市の夕景をTS-E24L IIで
まずは普通に
e0107605_22444995.jpg

そして逆ティルトで
e0107605_22451425.jpg

[PR]
by pec-ts | 2009-10-13 22:45 | Comments(2)

Panobook 2010

本格的なパノラマスティッチソフト「AutoPano Pro」や「AutoPano Giga」を販売している仏Kolor社から、世界中のユーザーからパノラマ写真を集めて「Panobook」という本が出版されています。昨年始まって今年が2冊目ですが、今年の募集に向けて「AutoPano Pro」を購入して投稿してみました。638名、1392枚の応募の中から光栄にもコントリビューターに選ばれました。123名、152枚のパノラマが224ページを飾る予定です。日本からは私とblog 「Panorama-ダルマのつぶやき 」のダルマさんが選ばれています。2009年度版も先日購入したのですが、発売が楽しみです。
掲載されるのは、あおりレンズ(TS-E45)による東京駅夜景のティルトパノラマで、現在「Panobook 2010: A first overview」として30数枚が公開されてますが、その30ページで見ることができます。以前に紹介したかと思いますが再掲しておきます。
e0107605_17534118.jpg

[PR]
by pec-ts | 2009-10-11 17:59 | Comments(2)

東京そして横浜へ

オフ会で東京、横浜へ行ってきました。このところパノラマ用データを溜めっぱなしで公開が前後すると思いますが、とりあえずは今回撮った一枚ものから。(パノラマ前提で撮ると水平なんかが結構アバウトであとから一枚もので公開のとき苦労します)
まずスタートは汐留の浜離宮恩賜庭園から。最近TS-E24L IIをもちあるいてます。定番の逆ティルトを一枚。
e0107605_19501259.jpg

続いて両国から水上バスで隅田川の川下り、休日のためビルの明かりがちょっとさびしいかなとも思いましたが、ライトアップされた橋などきれいでした。
こちらは晴海の客船ターミナル、客船が着岸してました。
e0107605_1954140.jpg

海上からのレインボーブリッジ
e0107605_19551535.jpg

ライトアップされた永代橋
e0107605_19572615.jpg

e0107605_19575268.jpg

その後、湾岸線で横浜マリンタワーへ。改装後初めて訪れました。いちおう360度パノラマ撮ってきましたがうまくつながるといいですが。
e0107605_2005462.jpg

e0107605_2012187.jpg

[PR]
by pec-ts | 2009-09-22 20:02 | Comments(8)

TS-E24 F3.5 L II 番外編

TS-E24 F3.5 L II でもう一件、
KissX2でちょっと問題を見つけましたので報告しておきます。KissX2で12mmいっぱいに上シフト(縦構図の場合右シフト)したときケラレが発生するようです。写真のように内側に発生することからイメージサークルの問題ではないようでミラーボックスの一部が邪魔になっているのでしょうか。先日テストした1DMk3ではこの現象は発生しません。マニュアルを見てもシフト、ティルトを同時に行った場合にケラレる領域の記述はありますが、シフトのみについては触れられてないようです。TS-E17mmでは5Dや1D系でも同様の現象が確認されているようです。
KissX2で縦構図+-12mmシフトした3枚をスティッチしたパノラマ写真です。左側はOKですが、右側のつなぎ目にケラレが発生しています。(カメラをレンズと逆方向にシフトしてレンズが同じ位置でカメラのみがシフトするように撮影してます。)
e0107605_1491349.jpg

こちらはPhotoshopのレイヤーを利用して透明度を変えてどのようにつながっているかわかりやすくしたもの。濃くなっている部分が重なりの部分です。ピクセル単位で比べても一致して電線もずれていません。
e0107605_1411319.jpg

[PR]
by pec-ts | 2009-08-22 14:12 | Comments(4)

TS-E24 F3.5 L II その7

これで最後にしますが、KissX2 につけて「TS-E24 F3.5 L II」 「EF24-70 F2.8 L」 「EF24-105 F4 L IS」 「EF-S18-55 F3.5-5.6 IS 」 の4種類の比較をしてみました。
TS-Eのすばらしさの再確認と常用ズームの実力確認ですが、EF-S18-55の解像度にはあらためて驚きました。すべてF8に絞ったものです。
まず全体像
e0107605_23135537.jpg

次に中央800X800
TS-E24
e0107605_23153677.jpg

EF24-70L
e0107605_23161484.jpg

EF24-105L IS
e0107605_23165866.jpg

EF-S18-55 IS
e0107605_23173138.jpg


問題の周辺部は?!
[PR]
by pec-ts | 2009-08-15 23:25 | Comments(0)

TS-E24 F3.5 L II その6

TS-E24 F3.5 L II ネタが続きます。
まずはシフトパノラマ。APS-H 縦構図水平方向に+-12mmシフトした3枚を合成。下の写真が中央部ワンショットです。
e0107605_213825.jpg

こちらは、シフト軸を30度づつ回転させた13枚をスティッチしたもの。このくらいの範囲を撮影できます。
e0107605_214395.jpg

逆ティルトとシフトを同時にするとこんな感じになります。(これはKissX2によるもの)
e0107605_2144484.jpg

[PR]
by pec-ts | 2009-08-15 21:04 | Comments(0)

TS-E24 F3.5 L II その5

もちろん逆ティルトによるミニチュア風も試してみました。これまでAPS-Hで24mmはちょっと短いかなと思ってましたが意外と雰囲気のある写真に仕上がりました。
岐阜駅前シティタワー43からです。
e0107605_22295513.jpg

e0107605_22301031.jpg

パノラマスティッチも試してみました。
e0107605_22314922.jpg

[PR]
by pec-ts | 2009-08-14 22:33 | Comments(0)

TS-E24 F3.5 L II その3

TS-E24 F3.5 L II で シフトパノラマを試してみました。1D Mk3(APS-H) の縦構図で左右に+-12mmの三枚撮影しました。撮影に当たって写真のようなパノラマ用の架台を使ってますのでレンズのシフトと逆方向にカメラをシフトしレンズ位置が変わらないように撮影したため、スティッチソフトを使わずにフォトショップ上でレイヤーを重ねるだけで簡単に合成できました。したがって、ワンショットの場合のセンサーサイズ18.7mm X 28.1mmに対して水平方向が見かけ上24mm拡大された42.7mm X 28.1mm になります。画素数では3888X2592=1008万画素に対して5918X3888=2301万画素になります。
画質はさすが周辺まで満足のいくものです。カメラを回転させて通常の24mmレンズとしてもスティッチしてみましたがほぼ同様の仕上がりでしたが周辺部を細かく見ると若干シフトによるスティッチのほうが優れているかな?といったところです。
e0107605_2243221.jpg

e0107605_2251068.jpg

e0107605_2253210.jpg

[PR]
by pec-ts | 2009-08-14 22:08 | Comments(0)