夜景のフォトレタッチ

少し質問もあったので、こんな感じで変わりますって例を一つ。先日アップした大阪WTCコスモタワーからの夕景です。
私の場合、jpegとRAWの同時記録しておいてDPPで現像、PhotoshopCS3でレタッチというのが通常の手順になってます。
まずは、私のカメラのデフォルト設定です。
ホワイトバランス:   オート
ピクチャースタイル: スタンダード
コントラスト:      0
シャープネス:     3
e0107605_14354072.jpg


これを、DPP現像時にパラメーターを変えて
ホワイトバランス:   蛍光灯
ピクチャースタイル: ポートレート
コントラスト:      -2
シャープネス:     4
この時ノイズリダクションもかけて
輝度 : 1
色ノイズ : 6
これで空の色などガラッと変わります。
e0107605_14413052.jpg

16ビットTIFで出力したこのデータをPhotoshopCS3でレタッチします。
全体の明度、コントラスト、彩度の調整に加えて、pluginなどを使用したハイライト部を保護した明度、コントラスト調整など行ってます。最近、部分的な調整にNIK SoftwareのVivezaを導入しました。(また、こんど紹介してみますね!)
それで出来上がったのがこの写真です。先日のものより、また少し鮮やかにしてみました。
左中ほどの窓に反射したライトも消してます。

e0107605_14495684.jpg

[PR]
by pec-ts | 2008-10-25 14:53


<< 横浜万国橋テスト撮影 WTCコスモタワーからサンセッ... >>